Bike♪楽しいサーキットライフ John日記

アクセスカウンタ

zoom RSS WGPのすすめ

<<   作成日時 : 2006/03/01 23:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 17

GPに関心を持ったのは高校1年の頃、、、、
中学時代からエンジンなどに大変興味を持っていたので家の原付(ホンダ・スカイ)を題材にして、シリンダーヘッドを開けたりピストンを眺めたりしていた。
それじゃ物足りなくなり雑誌や図書館の文献を片っ端から読みまくり、行き着く先がレーシングマシンになる。
 F1に関心を持っていた高校1年の頃(マンセル、セナ、プロスト全盛期)たまたまテレビでロードレースの番組を見てしまった。
「う!凄い、凄いぞ!?なんだこの人たちは!?」

画像

時代は1988年、エディーローソン全盛期でヤマハYZR500を駆り大活躍していた。そのライディングフォームは美しく一発で心を奪われてしまった。周りの連中はガードナーやレイニーファンが多く、ストイックであまりファンサービスの無いエディの人気は成績とは裏腹でそれほどでもなかった気がするし、メディアの評価もあまり高くないような気がする。

 エディは4度の500ccクラスのタイトル、異なる3メーカーでの31勝を挙げた。その機械のように正確なマシンコントロールと確実なレース運びから、「ステディ・エディ」の異名を取った。
 1983年、キング・ケニーのチームメイトとしてマルボロ・ヤマハ・チームと契約、GP500ccクラス参戦を開始、翌1984年にはスペンサーのタイトル防衛を阻止し、早くも初のチャンピオンの座に就く。1986年・1988年にも圧倒的な強さを見せてチャンピオンを獲得した彼は、翌1989年、ロスマンズ・ホンダに電撃移籍。若手のウェイン・レイニーを破り、そこでもチャンピオンとなった。ヤマハの色が濃かったので、NSR+エディのコンビネーションはとても新鮮だったし、かなり格好良かった。(この年に被っていたメットが最近リニューアルされて再販されましたね)
 
 その後4度チャンピオンに輝いたGP史上に残る偉大なライダーは、再びヤマハに移籍した後1991年にカジバ・チームに移籍。それまでのステディなイメージとは異なり、激しい攻めで戦闘力に劣るマシンを懸命に開発した。その成果は翌92年オランダアッセンでシュワンツと優勝争いして絶対優勝できる!と思っていたのに3コーナーでWクラッシュ、、、しかし、次のハンガリーGPで、念願のカジバチーム初優勝として結果が現れた!このレースで俺も泣いた!そして年限りでGPからは引退。

 こうしてみると85年に500cc・250ccの二冠を達成したものの、スペンサーの全盛期が極端に短く、急激に精彩を欠いて流星のごとく消えていったのに対し、ローソンは、長きに渡って活躍したことが印象的である。そういう訳で全盛期のフレディーの走りはリアルタイムに見たことが無い。89年や93年にヤマハから復活してGPに戻ったけどかつての精彩は欠いていたように感じた。(かなり好きなライダーですよ^^)

 ワイン・ガードナーやケビン・シュワンツのような豪快で攻撃的なライディングと比較した場合、全盛期のローソンの一見すると地味なライディングは人気が出にくかったのかもしれないが、チャンピオンに4度も輝き、10年間に渡って活躍したことこそが「ステディ・エディ」の象徴と言え、彼の偉大さを示していると思う。

あー、こんな話になると止まらなくなるのでこの辺にしておこう、本当はエディの事を書くはずじゃなかったのに^^;

画像

やっぱりもうちょっと、、、
引退してから一切GPに関わらなかった彼が去年突然画面に現れた!
USGPの表彰式で優勝したヤングアメリカン、ニッキーヘイデンにトロフィーを渡す時に主催者の粋なはからいでエディがその役として現れた!高校時代憧れのヒーロー登場に家族が居る前でなぜかボロボロ涙が出てきた。そしてこの日にmotoGP界の殿堂入りをした。


 時代が流れてもGP観戦は一番の趣味だ。まだ生で見たことが無い人は是非サーキットに足を運んでいただきたい。世界で一番速いライダーが目の前を走る、バイク好きならこれ以上の興奮はないですよ(*^。^*)
 管理人ジョンがGP好きになったきっかけを振り返ってみました、今度はジョン・コシンスキーについてもみんなに知ってもらうために振り返ってみようかな(笑)


あなたの大好きなライダーは誰ですか?


シーズン開幕が待ち遠しい!あと約1ヶ月♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
いろいろめぐってたどり着きました。
同じく(?)ローソンが好きだったりします。
何に乗らせても速い!ってイメージがあります。
あとはガードナーかなあ。
フォームがカッコよくて、みんな憧れてましたね。
ガードナーヘルも流行りましたね。
俺様
2006/03/02 22:35
お初です、いらっしゃいませ^^
自分が学生時代峠に行くとレプリカメットだらけでした。ガードナーとレイニーが一番多かったような気がします。

1989年にNSRを乗った時もHRCのスタッフにかなりの注文を付け、迷路にハマッていたNSRを見事復活させましたからねー。
全然ダメだったカジバでもみるみる速くなっていきましたからね。
ジョン19
2006/03/03 06:06
芳賀紀行、青木拓磨、です!
750時代のスーパーバイクが好きみたいです。バイクに興味を持ち始めた頃です。
世界では、250時代のビアッジかな。ビアッジのMAXの時です。
エリオン
2006/03/04 00:18
芳賀選手か、GPに2回チャレンジしたけど合わなかったみたいですね、鈴鹿ではYZR500で表彰台に乗ったんだけど、、、。やっぱりWSBが居場所のようかな?でも4ストになったmotoGPでもおもしろいかも?
青木拓磨、本当に残念でした。確か98年のテスト中に脊椎損傷してしまったんだよな、全日本2連覇してこれからという時だったのに、、、。
俺はあの頃、原田を熱烈に応援していたからアンチビアッジでした笑
エリオン君は想像するとだいたい96,97年あたりからバイクに興味を持ち始めたんですね?^^
ジョン19
2006/03/04 09:03
どもー、伊藤史郎ですね。うそです。
やっぱりレイニーですね、レイニーシュワンツはもはや伝説ですね、89年くらいだったかな?鈴鹿サーキットでの大バトルは今でもベストレースと思っています。
あと、クリスチャンサロンとかいいですね。
ぐっちーに
2006/03/04 19:58
89年日本GP最高でした!昨日のことのように覚えてますよ!
シュワンツ→2コーナーの進入で
レイニー再びシケインの突っ込み
シュワンツ→1コーナー突っ込み
レイニー→スプーン立ち上がりで、シュワンツ、そしてレイニー(交錯)etc,,
数周の間に、確か10回以上もトップが入れ替わったと思う。極めつけは、ストレートで横にならんだレイニーにメンチ切ってるシュワンツ!@o@;
もの凄いにライバル意識むき出しでシュワンツが走る。レイニーもダンロップコーナー立ち上がりでフル・カウンターを当てるほど攻め込む。まさに「マッチ・レース」という言葉が相応しかったなー♪
ジョン19
2006/03/04 22:04
ウィニングランは喜びを爆発させるシュワンツ。マシンの上で直立し、両手でガッツポーズ、前輪を高々と挙げてウィリー。
何度も、何度も、何度も、ギャラリーに向かってガッツポーズ。本当にすばらしい開幕戦だったな。
ああ、懐かしい、、、

でもぐっちーさん、あの日本GPでエディはしっかり3位に入っていたんですよ^−^

C・サロンですか、渋いですね〜雨のアッセンで白線に乗らなければ、、、

やべ、話が止らないっすw
ジョン19
2006/03/04 22:07
ノリックです。
どこにいてもわかるフォームが好きでしたが、SBKでは少しかわってきてるみたいです。
 
ローソンがカジバで走ってたのは知らなかったです。今度ビデオで見てます。
たかずみ
2006/03/05 13:03
94年の日本GP見ましたか?ノリック、本当に度肝を抜くレース展開でしたね。ストレートで最新型のワークスNSRを駆るドゥーハンと世界一のブレーキングを誇るシュワンツを何度もブレーキングで交わしていく姿、、、痺れた!ミックは呆れて首振ってたもん。結局シュワンツに離され気味になったミックを焦って抜いてスパート→1コーナーでフロントからスリップダウン、、、。しかし、ロッシもあの熱いレースを見て阿部のファンになったぐらいだからなー。

リーンアウトなライディングフォームすぐ分かったよな。
WSBではテストを見る限り今年も厳しそうな感じだな、、、
ジョン19
2006/03/05 22:00
そうです。そのぐらいから興味を持ち始めました。高校卒業してからぐらいです。

94年の日本GPを見て、ろっしふみが誕生したのですね。
エリオン
2006/03/06 01:54
94年のは最近ビデオで見ました。あれはすごかったですね。SBKでも、あんなレース見たいな。
たかずみ
2006/03/06 19:07
エリオンさん>そうそう「ろっしふみ」はあのレースが始まりですよ。

たかずみさん>リアルタイムだともの凄い興奮でしたよ。ノリックは予選2列めで、1列目の本間の方が意外とやるのか?と思っていたからなー。今年のWSB見たい、、、Jスカ契約したいけど、、、。
ジョン19
2006/03/06 21:35
94年のあの衝撃は忘れられないですね。
なにせ、18歳(だったよね?)の若者がいきなり、当時のトップライダーに
一歩も引けを取らずに、堂々と渡り合ったのだから・・・。
最近も若いライダーがたくさん出てるけど、いきなりトップカテゴリーにあれほどの衝撃を持って現れた例は、他に記憶にありません。

それが同じ日本人だったんだからね。

多分、一生忘れられないレースです。

ジョンさん>数日前にプラン2をお送りしましたが、いかがでしたか?
takkaja
2006/03/06 22:37
おいらの大好きなライダーはジョンさんです。ふぉっふぉっふぉ。

今度おいらをレース観戦に連れて行ってクダサイ。
日程とかチケットの取り方とか全然わからないので。ので。
20
2006/03/07 01:47
takkajaさん>そうだなートップカテゴリーでスポット参戦のライダーが優勝争いってのは記憶にないな、、、それも相手がシュワンツ、ドゥーハンだからなー。申し訳ないけどミックの後ろを走っていた伊藤選手の存在が吹っ飛んでしまったもん^^;プラン2の返事メールしました♪どもです。


20君>ホホウ!ジョン・コシンスキーが?!お目が高い・・・笑
GP観戦?それとも全日本かな?モテギGPなら毎年行ってるし、全日本は筑波のみかな。毎年仲間とスペイン人並みに弾けています♪日本人は静かすぎるので、俺達が手本を見せていますw(ただうるさいだけ?!)
ジョン19
2006/03/07 05:02
リアルタイムというのはうらやましいです。
家はWSB見れるんですが二ヶ月ぐらい遅れてしか見れません
たかずみ
2006/03/09 17:45
たかずみさん>それだけ年くってるという事ですよ^^;
早く今シーズン始まらないかな、、、禁断症状が出ていますToT
ジョン19
2006/03/09 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
WGPのすすめ Bike♪楽しいサーキットライフ John日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる