Bike♪楽しいサーキットライフ John日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 青山博一、世界一っ!

<<   作成日時 : 2009/11/09 21:36   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 22

世界で日本人が活躍するスポーツ、、、何があるだろう?
日本人は世界戦が大好きだ。
例えば野球。今年WBCで日本中が歓喜に湧いたが、連日行われているプロ野球だとそこまでの注目はない。
オリンピックで行われている数多くの種目も同じ。



モータースポーツは日本では浸透していない競技の1つだ。まだF1など4輪は多少注目されるけど、2輪はどうだろう、、、。



画像90年代以降、世界に羽ばたいた日本人は大勢いる。その中でも世界一、、、チャンピオンになった原田、青木(ハル)、坂田、加藤達にスポットライトがどれだけ当たっただろうか。スポーツ新聞の片隅に記事は出るけど全国ネットのTVに彼らの姿はほとんど報道されることはない。





1988年、まだエディ、レイニー、ガードナー、シュワンツ達が現役バリバリだった頃にこの世界に出会った。
美しいマシン、それをコントロールするライダーに理屈抜きで魅了され、さらにメカニック、メーカー、スポンサー、取り囲むファンなど色々な要素が混ざり合って成り立つこのスポーツの魅力にどっぷりはまっていった。



しかし、日本という国はハードを作るのは得意だが、何故か浸透していない。2輪という乗り物自体が国民に対して敬遠されているということだろう。
バイク=危険な乗り物 もしくは暴走族をイメージしたり不良をイメージしたりするから?


どうしたら2輪業界にスポットが当たるのだろう。
先日のセパンのようなレースを是非多くの人に見てもらいたい、、、誰もが同じ日本人を応援すると思うし、きっと興味を持ってくれる人が増えると思うんです。






スター選手、、、、
ゴルフの石川選手はそれまで女子に注目が集まる中、寒かった男子プロゴルフ界を一気に盛り上げている。
彼は若くて容姿も素晴らしく、言葉遣いや立ち振る舞いも申し分ない。そんな彼だからこそ日本中から愛され、応援されるのであろう。
だが、国内賞金トップランカーな彼でさえ世界戦では名だたる選手に洗礼を浴びてしまう。



どちらが凄いか比較するのは難しいけど、2輪にもそんな選手が必要なのかもしれない。

野球、サッカー、バレー、テニス、スケート、卓球、バドミントン、柔道、水泳、陸上、スキー、格闘技、他にもまだまだあるけど、よくTVに出てくる種目には誰もが知っているスター選手がいる。

2輪にもそんな選手が、、、国民に関心を持ってもらえれば、メディアにも注目されるはず。




そしてメディアに注目されると共に一般の人たちが興味を持って参加したり応援することに繋がると思う。

例えばバドミントン。
自分にも繋がりがあり、それまでマイナーだった種目だったけどオグシオ効果は絶大だった。
オリンピック以降参加人口が驚くほど増えたし、注目度も抜群に上がった。本当に驚くべき現象で、メディアのもたらす効果にびっくりしたものだ。



画像是非、モータースポーツにもそんな素敵な選手が現れて脚光を浴びるとスポンサーも付きやすくなるし、ライダーやドライバーのサラリーにも繋がり、レース人口増加にも繋がる。
必然的にレベルも上がり、世界に通用する乗り手が育つんじゃないかな。
それが若い子の刺激になり、憧れに変わり「○○選手のようになりたい」と、活性化していくと思う。



それには運営するMFJなどがもっと考えなくてはならない問題だと思う。
全日本で活躍してもそれで食べていくことは非常に困難なこのご時世、、、。全日本に進出しても多くのライダーが趣味の延長?のような状態になれば活性化などありえないし、若手が育つはずがない。
現在国内ではプロスポーツとして成り立っているとは思えない。


みなさんはどう思います???



ちなみに、オグシオだが、彼女たちは自然と湧いてきた選手ではなく、日本バドミントン協会が作り上げたスター選手なのである。
若い頃から見た目、強さを兼ね備えた彼女をメディアに積極的に売り込み、競技として大成功を収めた。





っと、、、話がそれて申し訳ない。

日曜日、あまりに嬉しかった反面、翌日のTVにひとつも取り上げられなかったのに心底がっかりしてしまった反動です、、、。







気持ちを新たに・・・・!





2009年、11月8日、スペイン・バレンシアGP!最終戦。


このレースを待ちわびていた。
マレーシアでの力あふれる優勝により21P差でランキングトップの博一選手。最終戦で5P獲得すればタイトル決定という重要なレースである。

日本のロードレースファンなら誰もが注目していた一戦である。




ポールポジションのアレックス・デボンが肋骨骨折により、博一選手は4番グリッド発進。


緊張のスタートだが、博一選手は3番手とイイ感じ!シモンチェリは5位。
地元のバルベラが好調にリードしているが、2番手のルティを料理した博一選手はバルベラの前に出る気配を出している、、、


ちょっと危なげなクルーセルをバウティスタとシモンチェリがパスして予想していた4人で優勝争い。
いやぁーーー接近戦は緊張しますね!





トトトト!!バウティスタ!!2コーナーで博一選手にあわや突っ込みそうなシーン!!

クゥーーー!心拍数が上がり、毛穴が開いたのを感じた・・・!




ゴラ!!アブねー!




数周後、、、また無茶な突っ込みで!!!何考えてるんだゴルァ!!!
シモンチェリの刺客かと思ったぞ!



こりゃマレーシアのように寿命が縮む展開っぽいわー!







3番手走行中の10ラップ目のホームストレートでの出来事、、、自分が走っている以上に心臓が縮みあがった瞬間がぁ!







シモンチェリ:「ヒローシを抑えないと!バルベラを利用して逃げさせてもらう!前には誰も行かせない!僕には優勝しかない!!」







バルベラ:「っ!アフロに抜かれた!でも20万人の前で僕はトップでチェッカーをうけなけらばならない!」







青山:「ちっ!前のシモンチェリだけには意地でも負けねー!!2コーナーでバルベラのインにねじ込んでやるっ!逃がすかよ!」










バウティスタ:「オラオラ遅い!こっちの方がパワーがあるんだよぉ!!スリップから・・・ヒロシ、バルベラも一気に抜いてやる!」









青山:「!!!っく!横に?赤いカウル?誰っ!?させっかよぉ!!ブレーキングを奥に・・・」











青山:「!!!!あぁっ!!バルベラにぶつかる!!!左には赤いアプリリアが!お、!俺のラインがぁ!!!」













バウティスタ:「かかったぁ!ヒローシ!アディオース!!」










青山:「リアスライドさせて、、、うぐぐぐぐ!!ま、曲がれぇ!だぁーーー!!コースがないぃい!」

(↑ジョン的2秒間妄想物語w)




ジョン:ちょ!ラインが・・・!!何?どこいくの?そっちはコースじゃ、、、あぁぁああああーーーーーーーー!!!(声が出ない心の叫び)
時が止まった、、、、心臓は停止して、、、、、息ができない、、、、、瞳孔が開いて、声も出せない・・・
薄れる意識の中、、、、戻れ、戻ってくれ、、、、転ぶな、、、、そのまま、、、、頑張れ、戻してくれ、、、



ブハァアアアア!!!
(↑俺の中での2秒間ww いや、笑えない!)




まさかのコースアウト!!





バレンシアでの最高速は約250〜260km。横にアプリリアが並んできたので(バウティスタ?ディメッディオ?)ブレーキングを奥にしたらにバルベラに突っ込みそうになり、本来ならば寝かしこむタイミングだが、瞬間右にラインを振るしかなく、ラインを失ったと考察する。
ゲストの中野選手が言っていましたが、最後まで寝かしこんで曲げられたからコースに戻れたと思う。素晴らしいマシンコントロールだった!




11番手でコースに復帰、後ろには富沢選手!OK!
寿命が縮まった・・・。
コースアウトによる転倒せず、マシンへのダメージは無かったのが不幸中の幸いだったと思う。、
タイトル獲得の可能性が残されていたシモンチェリは、トップ走行中、2コーナーでまさかのに転倒!!青山が落ち着いた走りで7番手まで浮上!ラップタイム的におそらくポジションキープの走りに切り替えたようだ。



画像そして、、、チェッカー!!!


熱い何かが込み上げてきた。





日本人としては、5人目。250ccクラス最後のチャンピオン!
3番グリッドのバルベラは、シモンチェリ転倒後にトップに立ち、今季3勝目。バウティスタ、デ・ロサが表彰台を獲得。
シモンチェリは優勝しかなかったが、2コーナーで痛恨の転倒!

朝のウォームアップ走行で転倒を喫した16番グリッドの富沢祥也は、今季最高位タイとなる10位。20番グリッドの青山周平は11位まで挽回した^−^こちらも最後は良い走りができたと思う。




歓喜に湧いた!!!



故加藤大治朗選手以来8年ぶりの世界チャンピオンが誕生したのだ。きっと天から祝福しているだろう。



画像本当に素晴らしい快挙である!
名だたるスターライダーを押しのけて念願の世界一!
表彰台で涙がなかったのはやはりレース展開だったのかな?ゴール後もスタッフに苦笑い&謝っていましたからね。


自分のブログを閲覧している人ならご存じでしょうが、本当に小さい規模からスタートした09シーズン。2年前に開発の終わっているRSw+スペアマシンすら無い即席チームだ。
当の本人でさえタイトル争いができるなんて思っていなかったからだ。

・シモンチェリ(こいつが一番やばかった。才能の塊、一番巨大な存在だったかも)
・バウティスタ(小柄で最もストレートで伸びていたかも。ツボにはまると手が付けられない)
・バルベラ(なにげに表彰台連発で終わってみればランキング2位!?)


この3人は毎回驚異だった、、、。ラスト3戦まではどうなるのか毎戦冷や汗もので、、、



画像開発が2年前に終了したマシンで世界一になった人はいるのかな?自分の記憶ではそんな選手はいません。
本人の努力と精神力、高いセットアップ能力、パワーは無いがトラブルの少ないマシン、あとは運の追い風もあった。




ホンダのスカラシップを使って世界に飛び立ってからKTMに移籍、ペドロサ、ドビ、ロレンゾ、カリオ達とガチガチにやりあっていたけど、KTMの頃はマシントラブルに遭遇したり歯がゆい思いをしたろうな。
一昨年、水面下でプラマックドゥカからお誘いがあったけど250タイトルにこだわった青山選手。
そして再び開けたmotoGPへの道。






画像<青山選手のコメント>
「コースアウトするまでは、優勝を狙って全力を尽くした。コースアウトしたのは、前の選手とぶつかりそうになったためで、グラベルに出たときには、とにかく転ばずにコースに戻ろうと思った。コースに復帰して、自分の順位が11位になったときに落ち着いていこうと決めた。その後、ポジションを上げたが、シモンセリが転ぶのを見て、タイトルが決まったと思った。それからは、転ばずにバイクがきれいな状態でチェッカーを受けようと思った。5歳でポケバイに乗って以来、世界チャンピオンを夢見てきた。23年間、この日を待ち続けていた。11月8日は、一生忘れることがない日になった。こんなすばらしいシーズンをプレゼントしてくれた、チーム、スタッフ、Honda、ドルナ、そしてサポートしてくれたすべての人たち、ファンに感謝したい。今日は自分の夢を一つ実現することができた。明日からは、もう一つの夢であるMotoGPライダーとして全力を尽くしたい」






あなたは世界一になりました。これからも僕らの憧れであり夢であってください。心から祝福します。シモンチェリ、バルベラ、バウティスタは本当に辛かった。彼らのワークスRSAは走っていたし、各ライダーの能力も高かった。だからこそこのタイトルは価値があったと思う。




これ見てくれている人は今シーズンの博一選手の活躍どう感じましたか?^−^





※2010年、モテギラウンド現地に行って日本勢を応援しましょう〜!^−^
毎年応援に行っていますが、来期も行きますよ〜
暫定参加者:ジョン、OG-R、N島、ケビン、カコオ、黒六1号、56、太郎、すぱげっち。まだいるかな?

まだ生観戦したこと無い人は、是非是非コースに足を運んでください♪ハマりますよ☆

自分のことですが、09シーズンも終わったことですし、今月末には来期の発表ができそうです^−^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
ナイス ナイス

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしく感動的な文章ですな
胸が熱くなりました
W,レイニー
2009/11/09 21:56
W,レイニーさん>こんにちは^^
どうもです〜って、、、
文章?!違いますがな!感動的なのはヒローシですよ!^0^
ジョン19
2009/11/09 22:20
フフフ・・そうですな
ヒローシに乾杯! ( ^_^)/□☆□\(^_^ )
W、レイニー
2009/11/10 00:23
映像を見るたびに感動が
来期もとっても楽しみになりました!
解説は王子でお願いしたいです
AKE
2009/11/10 01:03
AKEさん>中野選手の解説250ではもう少し話しても?と思ったけどmotoGPの頃になると慣れたのかイイ感じだったと思います^−^

来期楽しみです。
ジョン19
2009/11/10 05:45
W,レイニーさん>そそ^−^乾杯ですね★

来月号のライスポが楽しみです。じっくりシーズンを振り返ったコメントが聞きたいです♪
ジョン19
2009/11/10 06:09
中野もベタ誉めだったけどあのコースアウトまでの対応は流石だね あの状況で良く向き変えしたよ ホント

来年も勢いこのまま頑張ってもらいたいね

あっリーダー来年もよろしくね
OG−R
2009/11/10 20:13
OG-Rさん>うん、ものすごい事だよ。
サーキット走ってコースアウトした人なら分かると思うけど、グラベルの砂利ってものすごくフロントが取られるでしょ?

それを250キロからのブレーキングで最後まで曲げつつ、飛び出しての生還。本人はモトクロスの練習が役に立ったと言っているけど、、、何気にウルトラCだったよ。
テクニックはもちろん、今シーズンは運も博一選手に流れていたんだと思う。
坂田選手も良く言うけど、チャンピオンとるにはそういう流れもないとダメなんだって。


中野選手の解説良かったね、motoGPクラスの頃にはだいぶ慣れてきた感じがしたし、去年まで走っていた人だからリアルな話が聞けて良かった。
ジョン19
2009/11/10 21:22
おめでとう!ですね!途中はどうなるかと思いましたが、ホント運が良かったって感じです。来年はスピーズの動きが気になりますが、青山にはより高い所に登って欲しいです!
すぱげっち
2009/11/10 23:47
すぱげっちさん>ほんと、タイトルかかっていると胃が痛くなりますね!

きっとイタリアのシモンチェリファンはさぞ落胆していることでしょう。

やはり最高峰クラスに日本人がいないと盛り上がりませんよね、来期が楽しみです♪

スピーズはやばいです、、、たった3時間の走行で王者ロッシの0.6秒落ちですからね、、、
それ以外のメンツ見てもとんでもなくレベルが高い時代です^^;

RC212Vを早く自分のものにして,たくさん映ってもらいたいです。
ジョン19
2009/11/11 04:05
お久しぶりです。
青山のチャンピオンはホント嬉しいね♪

アプリリアが優勢な中ホンダにチャンピオンをもたらしたのはスゴイ!<価値あるチャンピオンだね>

来年のmoto-GPが楽しみですね〜
以前250ccを戦ったペドロサ・ロレンゾ・ストーナー等と比べると遠回りしてしまった感はあるけどその間の成長した所を見せてくれると願ってます。

今年は残念ながら茂木にはいけなかったので来年は一緒に観戦したいね♪
ケビン
2009/11/12 00:49
ケビン>嬉しいですね〜!今シーズンは250クラスが一番関心が高かった。

やっぱり日本人が活躍しているところが見たいですからね♪
確かに遠回りした感じはしますが、212VをRSwのように自在に操る姿を見たいです。
テスト回数も減ったし新人にはきついですけど期待しちゃいますよね!

高橋選手もmoto2テック3で決まったし、あとは125の二人かな?
ジョン19
2009/11/12 07:44
いやいや、あとはジョンコシンスキーの来年の動向の方が気になるな(笑)
マ改
2009/11/12 10:44
マイケルさん>コメントが自分のレースの日記より伸びないのが気になります

ここに来てくれている人はあまりmotoGPに感心少ないのかな?
マイケルさんも来年モテギGP生観戦どうです?!

っと、自分はあと10日位で発表できると思います。
契約も済ませて最後の調整中ですw
月末にはテストを実施できる予定です^-^
ジョン19
2009/11/12 13:50
青山がチャンピオン取っても、TVも新聞もマトモに取り上げてねぇっ!!

…まぁ、残念ながら日本はモータースポーツが文化として定着してないですからね。
古くは社会の暴走族アレルギーが根強いのと、あとは最近の車バイク離れってのも大きいのかな?興味がある人が増えないと、マスコミも取り上げてくれないだろうし。。。

もっとも、日本の2輪市場自体が既に壊滅的なもんで、メーカーや官庁もあんまり力が入れられないってのもあるのかな〜
N島
2009/11/12 22:31
N島さん>スペインなら一般紙でも大きく載っているのに。
ペドロサ・バルベラ・シモンのスペイン勢が全階級優勝だったから尚更。ヒロシも大きく報じられていたよ。

コメントしてくれたことはごもっとも。
金銭的要素が高いスポーツだから、まず景気が回復しないと一般市場も活性化しないよね。

80年代後半から90年代前半までは魅力的なバイクも多かった。あんな時代はもうやってこないのかな。
ジョン19
2009/11/13 04:42
>80年代後半から90年代前半までは魅力的なバイクも多かった。あんな時代はもうやってこないのかな。 

こんな雑誌でているのご存じでしたか?
ジョンには少し昔の話 でしょうか?

http://racers.cocolog-nifty.com/blog/
ぢょん
2009/11/13 10:40
ぢょんさん>こんにちは^^

NS500編は見ましたよ〜マニア心をくすぐる雑誌でしたね!でも今時売れるのか?!
内容的にとても面白かったです。でも世代的に自分よりちょっと上かな。
次はYZR500ですか、見てみようと思います。コシンスキーがたくさん写っていたら買おうかな?

2スト500ccは難しそうですよね〜バレンティーノでさえ一番難しい乗り物だと言っていましたから。
ジョン19
2009/11/13 15:28
青山の世界チャンピオンを一面に載せたのは、
トウチュウだけでした。
テレビでも確かに取り上げてもらえなかった
ですね。ニュース速報のテロップを流すくらいの出来事なんですけどね。

オグシオ、石川遼の事を言ってましたけど、容姿は大事ですね。とにかくまずはメディアに取り上げてもらわなくては話になりませんから・・・

しかし今シーズン青山には、凄いレースを
見せてもらいました。ベストレースを選ぶなら
どうでしょうか、セパンも良かったですが、
ヘレスですかね〜



ガン・ボーイ
2009/11/13 21:53
ガン・ボーイさん>せっかくチャンピオンになったのだから少しは紹介してくれるかな?と淡い期待をしていたのですが、、、。

それでもジャンクスポーツあたりに出るかもしれませんね^-^

ベストレースはやっぱりセパンかな〜。シモンチェリを力でねじ伏せてPP&コースレコードですから。
へレスはシモンチェリいなかったし。

スライドコントロールといいタイヤのマネージメントといい、レース展開といい素晴らしかったです。
へレスのレース見てこりゃ型遅れでもタイトル争いしてくれるんじゃね?
と思わせるには十分でした^−^
ジョン19
2009/11/14 03:21
トップ写真は91年だな。コースは分からんがこの4人が接近していて回り込んでいるコーナーとなると鈴鹿の2コーナーかな?自信ないが。
マ改
2009/11/21 11:39
マイケルさん>・・・・やっぱりミックが現役バリバリの頃ですから知ってるし、普段鈴鹿も走ってるから簡単でしたか。

ちぇー、全部ビンゴですわー。その通り91年鈴鹿の2コーナーです。
ちなみにファーステストラップはジョンでした^-^
ジョン19
2009/11/21 15:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
青山博一、世界一っ! Bike♪楽しいサーキットライフ John日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる