Bike♪楽しいサーキットライフ John日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 富沢祥也・・・・・・永遠に

<<   作成日時 : 2010/09/06 01:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 37

画像富沢選手の事をはっきりと意識したのは、2008年の全日本筑波ラウンドだったっけ。
高橋巧のバーニングブラッドの赤いRSと、富沢祥也のProjectμカラーのRS、、、、グラスタで観戦していたけどとびきり目立っていました。


それはそれは激しい優勝争いだった、、、、後続を引き離してサイドバイサイドのまさに熾烈きわまる争いだったのをはっきりと覚えている。


グラスタでは毎週歓声があがってさ、、、手に汗握るレースだったよ。


0.1秒差で2位だった富沢はとても悔しそうな表情をしていた。




画像こいつらすげぇ、、、って、、、こういう若くて元気が良い奴が世界に羽ばたいてくれないかな、、って、、、、思っていたよ。



日本のロードレースがちょっぴり寂しくなっていたから余計にね。





そんな心配をよそに、2009年世界グランプリ250ccクラスにフル参戦!

このニュースには本当に驚いたよ。このご時世、全日本ランキング2位だったのにメーカーの手助けもなく、よくも果たせたなって!

ほとんどアプリリアのワンメイクなクラスで、開発の止まったプライベーターRSで1年戦い、青山博一よりさらに厳しかっただろう。
ランキングも17位だったし2010シーズンは厳しいと思いきや、、、TECHNOMAG-CIPは富沢の才能、センス、人間性、を評価して誰よりも早く来期のシートを得た。


タイトル決めた青山博一なら分かるが、極東の日本人ライダーはどうしてもハンデがあるのに、、、「ホントに?」と逆に嬉しい気持ちになったっけ。





画像CIPのオーナー、監督の目は狂っていなかったね。




そして2010シーズン、、、




初開催で全く未知数なmoto2クラスを、優勝というセンセーショナルなスタートをするなんんて誰が予想した?

日本人でさえ度肝を抜く素晴らしいレース展開だった。参戦台数最多40台オーバー、参加しているライダーも素晴らしいメンバーだ。



日本人だってエンジンパワーにハンデがなければトップ争いができる!本当に誇りに感じた。

久しぶりに聞く開幕戦での君が代は、心に染み渡ったよ。

青山博一選手が09シーズン250クラスでタイトル獲得し
http://jhon19.at.webry.info/200911/article_1.html
今年も中量級クラスが盛り上がるぞ!本当にワクワクした。もしかしたら2年連続日本人王者が誕生するんじゃないかって、、、。




シーズン序盤はランキングトップだったのでモテギGPが楽しみでしかたなかった。残念ながら、ヨーロッパの火山の影響で10月に延期。

ようやく来月だ!と楽しみにしていた矢先の出来事、、、







第12戦、サンマリノGP、、、、


序盤は先頭を走り、、、エリアスにパスされ、ちょっと順位を下げたが、今日の富沢は元気が良い!前みたくずるずる下がらない!






12ラップ目、、、順位は4番手!トップは見えている!前のシモンに離されんな!!!









右高速の進入!!!!!





あっ、、、




少し、高速右に入る際フロントのバランスが、、、揺れる!、、、が、、、、大丈夫!




富沢はそのまま寝かしこむ!






振られたせいか?少しラインがアウト側に少しずれる、、、が、、、




旋回から、、、立ち上がり、、、アクセルはガバ開け、、、、、



前のシモンに離されるわけにはいかない!そんな気迫が画面を通して伝わってきたよ!


後ろにはベタ付けの、スコット・レディングと、アレックス・デ・アンジェリス!!


絶対に前に行かせない!いや、0.01秒でもシモンより速く!と



そして車速が乗ったまま、、、、立ち上がって、、、、、、速度が乗る、、、、




ゼブラまで、、、、祥也のマシンがはらむ、、、攻めてるな、、、






あぁっ!





ほんの少しゼブラからリアタイヤが落ちた?!リアタイヤがブレイクする!










ズリーーーーー!!!!








!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!









ああああああああああああああああああっ!!!






あああああああああああああ!!!







みんな声が出たと思う。






2回ほど後ろのバイクに接触したように見えて、、、路面に放り出された、、、、



な、、、な、、、、あぁぁっっ



担架で運ばれたが、転倒後に動かなかったし嫌な感じがした、、、。口には出さなかったが、加藤選手の転倒後を思い出させるような危険なクラッシュだった、、、、

でも、、、あえて気にしないようにしていた。



いつもなら、「おいおい、もったいないよぉー!」



なんて言うのだが、、、今回ばかりは絶句だった、、、。



でもさ、脳震盪程度で、打撲が少々、次戦には問題ないって後でアナウンスがあるさ。







と。








でも、、、


motoGPゴール後に最悪なアナウンスが、、、、


富沢選手が病院に運ばれたが死亡が確認された、、、と。













頭の中が真っ白で、いったいこの事実をどうやって受け止めていいのか分からない。



混乱するし、嘘だろ?と信じられないし、震えながら慌てて海外サイトを駆け巡る、、、、



携帯に映る文字はネガティブなことばかり、、、、



するとmotoGPクラス3人の表彰台の人物が、、、、



ペドロサ:「空っぽな気分です。コメントするのは難しい。富沢はマシンに乗る事を選んだのだから、わずかの間ではあったが幸せだったのではないか。富沢は世界選手権に参加したばがりだったけど、とても速くて勇敢だった。いつも周囲を笑わせていたライダーだったよ。」


ロレンソ:「とても明るい青年だった。なんて言っていいか分からない。今日はレースのことはどうでも良いし、何も考えられない。」


バレンティーノ:「こう言うことが起きた時は、他のことはもうどうでも良い。125ccのレース前に会ったんだけど、ショーヤは面白くていい奴だったのに。レース結果については嬉しいけど…。イタリアでこのような事が起きて残念です。」


呆然とする3人の表情、、、、とても表彰台に乗ったライダーの表情とは思えない、、、、






こういうコメントを聞いちゃうと、、、、何だか、、、、現実みたくて、、、、それがやけにリアルで、、、どうしようもない気持ちになって、、、涙が止まらなくて、、、止まらなくて、、、




まだ19歳だぜ?嘘だろ?勘弁してくれ、、、、





いいのかよ、、、、





将来があって、才能があって、、、これからだって時だろ?





モテギでは俺たちの前でイイところ見せてくれるってコメントしていたじゃねぇか、、、、何やってんだよ、、、、





またこんな気持ちになっちまうのかよ、、、、、何人目だよ、、、









最悪な日だ、、、、、、、







ロードレースを愛する身としてこういう出来事は本当にきつい。






今までもあったけど、、、忘れることは無いけど、、、、





これから日本のロードレースを何年も引っ張っていける人物だった。勝負強かった。moto2でさらに大化けする可能性があった、、、、




画像涙が止まらない、ぐちゃくちゃだ。



君が開幕戦で泣いたように、みんなで泣いたら戻ってくるかい?



僕たちの期待の星だったんだぜ?






今年のモテギGP、、、、どうやって、、、、どうやってワクワクした気持ちで足を運べばいいんだろう。






あぁ、、、全然文章がまとまらないや、、、、






全然気持ちの整理なんてつきやしない。





ご家族の事とか思うと、、、、もう、、、、、言葉にならないよ。
どうすんだよ、、、、お父さん、、、、お母さんより先にいってどうすんだよ、、、、、うぅ、、、、





ご両親も一緒に夢を見ていただろうに、、、、小さいころから誰よりも応援していただろうに、、、、



それが一人増え、二人増え、、、、日本のロードレースファンがの祥也背中に夢をのせていたんだぜ、、?



俺も、、、、俺も乗っていた




乗っていたんだ




モテギでは、、、、ほんと、、、、心から大きな声援を送ろうと、みんなで日本人全員の背中を押してやろうと!!アウェイで頑張ってきたショーヤの力になってやろうと!!、、、、




目がかすんで、、、、何も見えねぇ。





ううう涙が止まらない、、、






君の信じられない活躍を遠い日本から応援していたよ、、、、





この目で、、、、この目で新しいカテゴリーのmoto2で活躍する君の姿を見るのを楽しみにしていたんだ、、、




だってそうだろ?俺たちはまだ君が活躍するところを生で見ていないんだぜ?




moto2クラスになって大活躍しているショーヤに大声で声援を送れていないんだよ!?



画像僕だけじゃないよ?



みんなが、、、みんなが応援していたんだ、、、、








ああ、、、、




乱文すみません、、、







moto2とかST600(SS600)って台数とかシャーシパフォーマンスとか、参加しているライダーのマインド(無理くりでも成績残して目立ってやる!的な)とかがとにかく危ないと昔から思っています。



特に筑波でST600が開催された初年度か2年目かの死亡事故を目の前で見ているので考えさせられます。 



タイヤマネジメントが難しいクラスなので危ない転倒が目立ちますよ・・・。 



車重も重いので運動エネルギーの大きさからライダーにヒットした時のダメージも大きい。 




クリス・バーミューレンだったかな、SS600の時に激しくスリップダウンしてクラッシュパットまで行って追走してきた自分のバイクが頭部スレスレで飛んできてクラッシュパッドを粉砕するような衝突・・・あと数センチ位置が下だったら頭部に直撃でした。




どのクラスだから危ないとかは言いませんが、もう少しクラスのレギュレーションなりを見直さないと危ないと思います。 したみんさんの言うとおり。



でも、、、今回のアクシデントばかりはレギュレーションとかではどうしようもなかったかも、、、、



レーシングアクシデントだった。



誰も悪くなかった、、、、あの状況でリスクを負ってでもアクセルを開けて行くしか祥也はなかったのか、、、それを選んだ、、、



何とも言えない気持ちだ。





富沢祥也選手、、、、、心から、、、心から、、ご冥福をお祈りいたします、、、、、





僕たちは忘れちゃいけない。




追悼の言葉があれば、どなたでも気軽にコメント書いてください。




にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村←ランキングに参加してみました。よろしければクリックお願いします。



、、、、安らかに眠って下さい。




9月にある筑波のレース、、、どういう気持ちで参加すればいいんだろう。

とても気持ちが落ち着きません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(37件)

内 容 ニックネーム/日時
自分も信じられなく海外サイトをウロウロするたび、ニュースがどんどん酷くなってました… 自分の会社の上司はミニバイクのチームで、良く富沢と仲が良かっみたいです。。余計つらそうです。 話がまとまりませんが、ご冥福お祈りいたします。
すぱげっち
2010/09/06 03:42
えっネ
ほんとに・
うそだぁメ
俺が今年一番期待してたライダーだよミ

信じられない。
ご冥福をお祈りします。
#72トシ
2010/09/06 07:13
プロであってもそうでない私達であってもトラックに出れば勝手に命を賭ける事になると思います。本人にそんな勇敢な覚悟が無くても不可抗力で一歩的に「命がけ」にされることだってあると思います。(事実僕もそうでした)

富沢選手とはトラック上で会った事もあるし、彼が下位カテゴリーの頃から知っているので複雑な気持ちですが、ペドロサが言った言葉が全てだと思います。「自身が選んだ道」それが彼の志だったのだと思います。


僕らの志が「しっかり生き抜いて」「しっかり死ぬ」事であるなら、トラックに出る時は自らだけでなく相手の命もそのアクセルに委ねているという意識を持つことしかできないと思います。 それでもアクシデントは起きる・・・それも現実です。

彼に自分の夢を乗せていたのであれば辛いでしょうが、これが僕たちの愛したモータースポーツの現実です。彼が自分の志・夢に向かってアクセルを開けたように、僕らも自分の人生を生き抜いていく為にアクセルを開けないといけません。

ジョンさん、悲しみで人生のスロットルを戻したら彼が悲しみますよ。 頑張って受け止めて、頑張って生きていきましょう。
したみん
2010/09/06 09:14
失礼、誤植がありました。

一歩的→一方的

したみん
2010/09/06 09:15
残念すぎる…
言葉にならない…
〇〇コモトに関わったら不運がおきたんじゃないか…

ご冥福をお祈りいたします。
48No.1
2010/09/06 10:04
富沢選手の訃報を知り本当に残念で成りません・・・

私の息子も同じクラスで全日本に参戦しておりました。
筑波や菅生の様なちょっと危険なコースでは、転倒して
救急車で病院に搬送され付き添いで行く事も御座いました。

特にレースのスタートは恐ろしくて、モニターを見る事は、出来ませんでした。

息子が選んだ道ですので、出来るだけの応援をしてあげたいのですが、親の心情は何んとか無事にゴールして欲しいそれだけでした。

富沢選手の親御さんも、きっと同じ心境だったと思い
涙が止まりません。

今はレース界からも離れておりますが、お友達など
居りますので応援に行ったりしております。

ジョンさんが、見た筑波のアクシデントはたぶん息子の
お友達じゃないかと、思いコメントを付けさせて
頂きました。(間違っていたら、ごめんなさい)

お母様がお葬式の挨拶で「人は畳の上で死ねるのが
幸せだと言いますが、息子はサーキットで亡くなって
本望だと思います」と仰っておりました。

レースする者にとって何時、自分の身に危険が降りかかるか分からない世界だと思います。
ライダーの方すべてが無事にゴール出来ることを
願っております。

富沢選手のご家族、関係者の方々に心からお悔やみ
申し上げるとともに、富沢選手のご冥福をお祈り
いたします。












ライダーのママ
2010/09/06 12:09
すぱげっちさん>ほんと、、、ご冥福をって、、、年齢じゃないよね。

不運ってだけで、、、終わりなのかな。

本望だったとは、、、とても思えない。

海外サイトは怖くて途中で見る事ができなかった。避けていたら、motoクラスが終わってから突きつけられて、、、もう、、、
ジョン19
2010/09/06 18:00
#72トシさん>うん、、、一番期待していた。エリアス、イアンノーネ、ルティやシモンなどのトップライダーの前を走れるのは彼しかいないと思っていた。
チャンピオンライダー相手に堂々たるレース運びができるライダーだった。

ほんと、俺も期待していたし、これからが楽しみだったよ、、、。
ジョン19
2010/09/06 18:08
したみんさん>考えさせられる深いコメントです。
僕にとって彼らは、、、プロライダーは全て憧れです。

あの状況でもスロットルを開けられるのがプロなのかも知れません。

でも、今回起きてしまったことが彼にとって本望なの?ペドロサの言う「自分が選んだ道」なの?
それでショーヤは幸せだったのかな。あまりに短すぎる人生だよ。残された人のことを考えても、僕にはどうしてもそうは思えないんだ。

分かっちゃいるけど、、、これが僕の愛したロードレースなの?この事実を平然と受け入れないとダメ?
平然と受け止められる位なら、僕はこの世界から身を引きたい。

人生のスロットル、、、うぅ、、深いな。

今は彼のこと、彼の周りの人の事を考えたら、、、何とも言えない気持ちだよ。正直心穏やかじゃないんだ。
ジョン19
2010/09/06 18:38
ライダーのママさん>コメントありがとうございます。

うぅ、、、辛すぎます。
自分ごときでは何とも、、、言えません。

親からの気持ちという視点で考えると厳しすぎます。
富沢選手のご両親は今日イタリアに飛んで、連れて帰ってくるようです、、、。
それを考えただけで、、、涙が出てきます。

やはり息子さんがロードレースから手を引いたらホッとしましたか?

心からご冥福を祈りたいです。
ジョン19
2010/09/06 19:02
#48No1さん>言葉になりませんね。 今回の事は完全なレーシングアクシデントだと思います。後ろのレディングもデ・アンジェリスも攻められないと思います、、、。誰のせいでも、、、。
ジョン19
2010/09/06 19:09
会社で訃報を知って、涙が止まりませんでした。

ご冥福をお祈りいたします。
キリサーフ
2010/09/06 19:51
キリサーフさん>コメありがとうございます。

自分も仕事場で涙が出てきました。ついつい昨日の出来事が頭に浮かんできます。

昨日、今日は辛い、、、本当に辛すぎる日です。
ジョン19
2010/09/06 20:05
死ぬには若すぎますね。 
もし彼のそばにいたのならまだ若いんだらあせらずじっくりいこうよと言ってあげたかった。 
もし我々の過剰な期待が彼を気負わせ、転倒に繋がっていたかもと思うとやりきれないです。 
願わくば、彼が充実した人生だったとあの世で笑顔でいてくれますように。 世界の舞台で戦えるなんて本当に一握りの人間しか到達することができないのだから。 
カコオ
2010/09/06 22:25
もう、コメントは控えさせて頂くつもりでしたが
「やはり息子さんがロードレースから手を引いたらホッとしましたか?」のご質問にお答えさせて頂けなければ
いけないと思いましたので・・・

息子は志半ばで引退してしまいましたが、
親からしてみれば、正直ホッとしております。

レースだけではなくテスト走行の時でさえ心配して
居りましたのでたぶん多かれ少なかれ、親は皆
そう思って息子をサーキットに送り出しているのだと
思います。

私も富沢選手が本望だったとは、思いませんが
亡くなられた方のお母様のお言葉は、残された者に
対してのせめてもの、慰めだったと思っております。

富沢選手のご両親は息子さんを迎えに
行かれたのですね 本当にこれ以上の
悲しみは無いと思います。

ご冥福をお祈りいたします。










ライダーのママ
2010/09/06 22:26
これからの10年15年とロードレース界を引っ張り回すことが出来る選手だっただけに、、、あまりに早過ぎです…。

心から御冥福を祈るばかりです。。。
N島
2010/09/06 22:26
富沢選手の訃報残念です。

もっともっと優勝したかっただろうし、
チャンピョンにもなりたかっただろうし・・・

人が死に、魂というものがもしあるのなら
富沢選手は今どう思っているんでしょう・・・

ガン・ボーイ
2010/09/06 23:05
ショックです リアルタイムで見てました。
GPが終わって 訃報が発表された時には息が止まるかと思いました。
未だに 信じられません…

色んな所で バイクは悪者扱いされてますが
19歳の若者が夢を追いかけ走り続けて
悲しいけど 天国へと召された事
世界中の人が 悲しんでる
世界中の人に愛されてた 富沢君。

バイクに偏見無く
素直な気持ちで 神様の元へと送ってあげたいです。

悲しいけど… ご冥福をお祈りします。

          
laranjya
2010/09/07 00:53
カコオさん>本当だよいくらお金があったって、、、、世界のあの舞台で、しかもあの順位で戦える人なんてほんの一握り。

でもさ、WSSやmoto2を見ていると、、、「じっくりいこうよ」では来期のシートは無い世界。僕たちでは想像できない領域で戦っていると思う。
充実していたか、、、今シーズンはしていただろうな、、、でも、、、人生として考えると、、、

「じっくり」でもよかった。こんなことになるんなら。死と天秤にして釣り合う事なんて俺は無いと思っている。
何とも言葉が無いです。
ジョン19
2010/09/07 01:51
ライダーのママさん>すみません、返信に質問を返してしまって。恐縮します。

そうですか、、、、やはりホッとされましたか。何だか重みがあります。
選手権レベルのレースになるとかなりの迫力になりますから、、、お察しできます。

そうですね、、、自分の子供が親以上に早く亡くなる、、、これ以上の悲しみは無いと思う。

もう翔也選手と対面している頃だと思います。
そんなこと思うと、何を持って応援してきたんだろうと、、、
そんな親不孝して、、、とてもじゃないけど釣り合う事なんて自分としては想像つかない。いくら世界中から暖かいコメントが送られたって。

でも、そんなこと言っても仕方ないんですよね。彼だって好きでこんな状況になってのではないのだから。
ジョン19
2010/09/07 02:02
N島さん>本当に、、、その通りだよ。
10年以上日本のロードレースを引っ張っていける人だった。俺たちに憧れとか、夢とか見せてもらいたかった。

http://www.motogp.com/ja/news/2010/riders+reactions+tomizawa

各ライダーがコメントしているけど↑バレが言う「この先グレートなキャリアが待っていた。でも全てがゼロになってしまう」
ほんとそう思う。

、、、確か、全日本筑波ラウンドの時、N島氏も居たんじゃなかったっけ、、。
ジョン19
2010/09/07 02:11
ガン・ボーイさん>どう思っているだろうね、、、

俺は、、、悔しくて涙していると思う。

それとも笑顔で「俺頑張ったからさ」って言ってくれるのかな、、、

誰か教えてくれ、、、。

博一同様、この先タイトル獲得する可能性は十分にあったライダーだったよ。
彼らの周りには125,250の世界王者ばかりだったから。
ジョン19
2010/09/07 02:15
laranjyaさん>同じです、、、自分もリアルタイムでした。
息がとまるとい表現分かります。
何でしょうね、、、経験したくない感覚です。自分が無力で、、、嫌だ嫌だと思っても、、、。

あの屈託のない笑顔、、、誰からも愛されていました。同感です。

夢を追いかけて、、、19歳、、、あまりに早すぎます、、、。
自分も未だに信じられないです。
ジョン19
2010/09/07 02:21
はじめまして。
mixiより流れ着きました。

私は、大治郎の事故を目の前で見ています。
コースに放り出されて、動きもせずに“ころがっている”状態を見て、危険な状態であることを察しました。
今回も、同じ思いが身体をめぐり、
なんとか、もてぎは無理でも来シーズンは、と
すがる思いで祈っていましたが、
74を背中につけた青年は、空に行ってしまいました。

こういう事があると、いつも思います。
何で?何でこの時なの?何でこの人なの?
これからもっともっと、沢山の笑顔と魅了する走りを見せてくれていたでしょう。

それでも、モータースポーツは続いていく。のでしょうか。
mako
2010/09/07 03:09
makoさん>コメありがとうございます。

加藤選手の事故を目の前ですか、、、それは、、、彼も、、、日本人として今までに居たか?と思える位の才能の持ち主でした。

自分も担架で運ばれている意識も力も無い姿を見て危険な状態と、、、でも、きっと大丈夫と祈っていました。

何で、、、何で、、、自分も同感です。何で今だったんでしょう、何で彼だったんでしょう、、、。

モータースポーツは続いていきます、、、。グランプリは立ち止まりません。
パドックを共にし、しのぎを削っていたライダーもきついと察します。

でも、「支えなければダメ」とか「彼の分まで」とか今は軽々しく口にできません。

そんな強くないです。

でも、、、今回の事でロードレースから手を引くとか、背中を向けて、とは考えたくないと思います。
受け止めて考えないと、って。
ジョン19
2010/09/07 03:30
ジョン19さん
mixiへのコメントありがとうございました。
全部読ませていただきました。
思いは充分に伝わっていると思います。
残念ですが、幸いなのは彼がほとんど苦しまなかったであろうことと、「誰も悪くない」と見ればわかることだと思います。
轢いてしまった2人のライダーも相当な吹っ飛び方をしていたし、あのコケ方はかなり痛いです。僕も何度か経験しているのでわかります。
それでも2人とも、自分の怪我などどうでもいいかのように富沢くんのことばかりを話していました。
みんないいヤツでした。

期待の大きい日本人ライダーが次々に亡くなって行きますが、それが悲しいのはみんな同じです。
どうか気に病まないように、前向きに物事を考えてくださいね。

ありがとうございました。
天才かあぼん
2010/09/07 18:00
あまりに悲しいと涙は何処かにいってしまうという事が解りました。やっと事実として受け止められ、記事や写真の笑顔を見ると涙が・・。悲しいです。
AKE
2010/09/07 18:38
天才かあぼんさん>こちさこそコメントありがとうございます。
轢いてしまった二人のライダーは↓に出ていますね。
レディングは背中を10針縫う怪我らしいです。彼も相当危険な転倒でした。
http://www.motogp.com/ja/news/2010/Redding+and+De+Angelis+escape+serious+injury+at+Misano

レーシングアクシデントです、二人を攻めることはできないのは分かっています。
でも、何なんでしょうこの気持ちは、、、決定的瞬間を見てしまっただけに、、、厳しいものがあります。
ジョン19
2010/09/07 20:11
AKEさん>どうなんでしょう。
モテギGPに行けば、、、そこに去年走っていたはずの彼がいない現実を認められるのかな。

今年はリアルに彼をみていないので、、、何だか信じられないです。
私たちはどうやってこのスポーツを応援して良いのかなって、、、。
応援していたライダーがこんなにまでも、、、さ。
ジョン19
2010/09/07 20:17
mixiから来ました。
私も、翔也の背中に夢をのせていた一人です。昨年度はぱっとしなかったけど、開幕のカタールでの活躍。それから、TVを見るのが楽しみになっていました。

今回のレースは何故かLIVEで見ていました。頑張れ!追いつけと思っていた次の瞬間、絶望感が襲ってきました。見ていた人の多くが多分そうだと思います。でも、僅かな希望に望みを託して祈っいましたが残念です。

今となってはもし、もう少し早く転んでいれば身体はそのままアウトに流れて行き酷い怪我も無かったと思います。
何故あの位置で。。。。

そして今回の件は、あくまでもレーシングアクシデントです、誰も悪くはないと思います。本当に残念です。

富沢選手のご冥福をお祈りいたします。

oinari
2010/09/07 23:08
oinariさん>ありがとうございます。
昨年はランキングこそ低迷してしまったけど、コースを覚える事を考えたら大変意味があったシーズンだったと思います。

そうですね、あの位置にバイクと体が残らなければって思いました。
LIVEで見ると、、、本当にきついですね。
何も心の準備もなかった。

残念でなりません。
ジョン19
2010/09/08 04:26
言葉にならない。
どう気持ちを整理したらいいのかまったくわからないよ。

今年のもてぎ寂しくなるね。

今週末の菅生は、レースに参加する全員が無事完走することだけを願って一生懸命お手伝いしてきます。
ピエール
2010/09/09 19:45
ピエールさん
本当、、、あんなに楽しみにしていたのにさ。せっかくピエールと博一とバレが怪我から復帰して、、、とか馬鹿話していたんだけど。

今週がレースだったら俺はグリッドに並ぶ自信は無かった。
ピエールは強いなって思ったよ。
まだ、考えると涙が出てきちまう。

茂木にはみんなの分の喪章を持って行こうと思っているよ。無論君の分もね。
色々なサイトでの書き込み見ても、本当に好かれていたんだなって思った。


菅生、気をつけてね。

ジョン19
2010/09/09 21:04
私の日記(mixi)へのコメント、
ありがとうございました。
あれから5日が経ちましたが
溜息ばかりが出て仕方がありません。

デ・アンジェリス選手が
ご両親に涙で謝罪したというニュースを見ました。

彼にはどうする事も出来なかったのに...

10月の茂木へも行きたくないな...
などと思ったり。

未だにやるせない思いでいっぱいです。







gokuu
2010/09/10 20:45
gokuuさん>当たり前のように活躍していた人が突然いなくなると、こうも心のバランスが崩れるのかと思います。

デ・アンジェリスもレディングもどうしようもなかったと思います。
レディングは転倒の事すら覚えていないみたいです。彼も危険な転び方でしたからね。

自分は色々なサイトに書き込みしている人のコメント見たりして、少し前向きになってきました。(無論ここに書いてくれる人のも)

あまり後ろ向きでいても、彼の供養にはならないかな、、って。

といっても、まだ心穏やかではいられません。

今年は日本人にとって涙のモテギGPになりそうですね。
ジョン19
2010/09/10 21:52
富沢選手といえば・・・中上貴晶選手と同世代でライバルでしたけど

WGP参戦までの道のりは
中上はエリート街道まっしぐらだったのに対して富沢は少々遠回りした感じでしたね。
もう少し恵まれてもイイのにな〜なんて思っていたのですが

moto2開幕で運が向いてきたかなと思っていきなり優勝!
少し遠回りした分これからは順調に・・・と思っていたのに残念です。

今年の茂木で活躍する姿を見たかったよ〜
ご冥福をお祈りします。
ケビン
2010/09/12 23:39
ケビン>そうだね、エリート街道まっしぐらだったかも。
世界に出てからの覚醒度合いは富沢の方が凄いものがあったからね。本当にみんな期待していたと思う。

moto2でレースする姿見たかったね。去年はハンデがあり過ぎて、、、ね。逆に青山兄弟は凄さに埋もれていたからね。600に合っていたんだろうな。
ジョン19
2010/09/13 07:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
富沢祥也・・・・・・永遠に Bike♪楽しいサーキットライフ John日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる