さよなら CBR600RR PC40 筑波TT (MNクラス)2018春

画像お久しぶりです。長らく更新していませんが、バイクライフは中々充実しています。
もう半年前になりますが、春の筑波TTのレポをしたいと思います。


多くの車両に乗ってきたけど、今までのキャリアで一番自分に合っていると感じるのがCBR600RR(PC40型)である。

PC37型とPC40型、何台か乗り継いできたけど、毎回言えることは懐が広いバイクという事が共通して言える。
全てレースベース車両だが、個体差もある。バネレート、サスのセット、エンジンパワー、ECUのマップ、ブレーキ、クラッチetcそれぞれの車両に特徴があった。


画像エンジンOH、足回りもリフレッシュした車両でいよいよ2秒台を出そうと思って意気込んで臨んだ2018シーズン筑波TT開幕戦。間違いなく今までで一番車両は仕上がっている。人間はそうでもないので、マシンに助けてもらおうw

しかしながらTT前の時期に仕事やら雨やらで思ったように乗れず、本番を迎えてしまった。

今回も表彰台にギリギリ乗って、最終戦あたりで2秒に入れられれば良いかなと練習のつもりで臨んだ。(開き直って、今までで一番無欲の参戦でした)




画像予選スタート。
今回からPLAPの計測が見られないようにテープで目隠しするルールになってしまった。
調子よくリズムを上げていく、3周目でコントロールタワーを見ると#19が4番目に掲示された。お?良いね!手応え的にしかし、自分が何秒かわからない!


なんだか後追いの人が2台ほどついて来たり、前にもいたり集中できないので、タイミングを外しているとどんどん時間ばかり経過するパターン。ついにコントロールタワーから#19番の数字も埋もれた!


「あ、ダメなパターンだ!やばい!」時間的にあと1分!


2ヘアで前も後ろも離れてクリアが取れた!集中してラスト一発アタック!インフィールド区間で前のバイクが近づいてきた・・・裏ストレートでさらに近づき、、、最終コーナー立ち上がりで引っかかってしまった!


だが、、、コントロールラインを通過してタワーを見ると2番手浮上!!


「えー?!ラストアタックで出来すぎだろ?」笑ヘルメットの中で笑ってしまった。

予選後関係各所wから「さすがっす!」とか言われたので、「ま、クリアとってしっかり狙い通りっすね」と答えたが、練習もろくにしていないのに何ですんなり出たのか分からないw
って事はマシンのおかげですw






いよいよ決勝。予選は1分3秒3の2番手だった!冬の時期に満足に練習できなかったことを思うと上出来な結果だ!


今回はおぐりん氏や家族やらもいない状態での参戦だったが、黒六氏には本当にお世話になってしまった。リザルトでせめて恩返しができればと思う。

マシンの調子は最高で、今まで乗ってきた中で一番走っている。
サスセット、エンジンパワー、ECU、スリッパークラッチのセッティングも自分にとってとても乗りやすい状態だ。あとは自分だけ。←練習不足w今回はマシンに楽させてもらう。




冬の時期の錆落としが完了したところで、、、決勝。




画像スタートはイマイチでクラッチを繋いだ瞬間フロントを少し上げてしまい、、、50点。

1コーナーでは4番手に沈んでしまうTT





画像すぐさま3番手に順位を戻し、、、、トップのR6がやや逃げているので早く前の600RRをパスしなくては・・・と焦るがややイン側を閉められているので飛び込めない。

色々チラチラ存在感を出すが余計にブロックされている気がするぞ・・



焦らずチャンスを・・・



ん?自分のCBRの方がだいぶパワーがある感じだ。やはりエンジンOHの効果は大きく中速トルクが太っている!裏ストレートで横に並べる!が、、、最終で外から被せられる!危ないーー!

後ろにも車両がいるのは分かるので大きく外からコーナーに入る事ができない、、、が、一発2ヘアの外から立ち上がりラインから、、、

画像スルスルスルーー・・・裏ストレートで完全に前の車をパス!(こんな事今までになかった!)

逃げるよ~!!!

1コーナー飛び込みで後ろからシルバーの車体がチラッと見えたが、見えないふりして抑える!カチカチ開けて1ヘア!しっかり速度を乗せてダンロップ!素早く切り返して・・・




あれ?もう追いついた?あんなに差があったのに?




画像俺何秒で走っているの?だいぶリズム良いぞ?




しかし、トップはみっちー君の全日本チート車両w。さすがによく走る。インフィールドで差は詰まるが、インを閉められてしまい、、、そのままゴール!



んーーー2位かぁ、練習全然できていなかったし、今回も表彰台に乗れたからOKかなと♪

パルクフェルメに戻ると黒六師匠が「卒業だよ!2秒8出た!」










「え?」










「うそ?」











・・・・なにこの気持ち。









嬉しいけど、嬉しくない。









喜びたいけど、喜べない。





理由は
・NMクラスを今度こそ強制卒業になってしまった
・優勝できなかった(卒業と分かっていたら無理して1コーナー飛び込んだなー)
・開幕戦なのにシーズン終了してしまった・・・
・俺は今後どうすればいいのだろうか・・・
・お金かけて良い状態に仕上げたのに、この先どうするんだよ(汗)



画像率直にこんな理由だ。




ジョン19:「レース後、ST600昇格のチケットを受け取ったが、、、、、修羅クラスに自分が参戦しても楽しめるはずもなく・・・途方に暮れた4月~5月でした。筑波TTロスって感じでした。
僕のレースキャリアの中で長年参戦してきた筑波TTのNMクラスを2回目の卒業です。
そして先にあるST600は自分の技量にあったカテゴリーではないので、、、、時間をかけて考えた結果、CBR600RRを降りる事にしました。
ホンダはすばらしいバイクだし、また乗る機会があるかもしれないけど、とりあえずお別れです。2018シーズンを最後に、、、ペドロサと共にホンダを去る決断をしました。
車両の状態は今までで一番良いですが、やはり草レースには参加したい。そう考えるとクラスを変えるしかないかと。複雑な気持ちはありますが、自分の素直な気持ちに従うことにしました。」




中々忙しくてブログを書く時間はありませんが、6月に次なる車両を探し始め、縁があり7月より次なる車両でスタートはしています。(中々走れていませんが)

画像一応キャリアを終わる前に一度大きな車両にも乗ってみたかったので、新しいチャレンジに挑戦していこうと思います。

現在結構苦戦しているので改めて600RRが自分に合っていると思いますが、次のオーナーさんの元で元気に走ってくれたらいいなと思います。


卒業タイムの1分2秒台を出せたのは毎回サポートしてくれる黒六師匠のおかげでもあります。感謝感謝m(_ _)m



今は2017年シーズンのホルヘ・ロレンソの気持ちです・・・DUCATI難しい^^;

一応来期は筑波TT(NT1)クラスに参戦予定です。


Gopro動画はどうしよう、UPしようかな。

この記事へのコメント