HCCカップ & 筑波TT NB 

年2回更新が目標としていますw
8月に毎年恒例のホットチョコカップにエントリー。

2.jpgS1000RRでは初エビスだが、ここのコースだとどのバイク乗ってもわりとすぐにベストタイム付近まで出すことができる不思議なコース。
逆を言えばタイムアップも頭打ち・・・CBR600RR、パニガーレ、S1000RR、3台共に1分3秒台。
荒れている箇所もあるが、基本的にグリップは良いので自信を持って開けられる。

レース1では5位でゴール、レース2では6位でゴールした。(ざっくりw)

太郎氏の1098はコースイン1週目でミッショントラブルによりリタイヤ・・・

タイムは1分3秒台と例年通り進歩無しw
遠方サーキットだが相変わらず楽しいし、雰囲気も好きなので来年も参加したい。新品ディアブロが1日でだいぶ無くなるので来年は中古スリックタイヤでも履かせてみようかな?(草レースだからタイヤ関係ないし、一回スリック履いてみたい)





続いて8月のエビス後に9月の筑波TTに向けて練習するも全くタイムが出ず・・・何でだ??
特にエビスで合わせたセッティングだと全く曲がらない・・・。

2018年型S1000RRは電子サスが搭載されており、姿勢を勝手にコントロールする。そのセッティングもインパネで調整できる優れものだが、フロントの伸び側、縮み側が別々で調整できないのがちと欠点(別売りである)
それは気にならなくなってきたが、それ以上にポジション・重量・大きさに合わせられない感じだ。ペドロサ体型の自分としてはもっとステップを上げないと体をイン側に落とせない~

IMG_3846.JPGそんな感じでタイムが上がらないまま本番当日に。
CBR600RRの方が1.5秒くらい速いというのはどう考えても問題アリだ。まぁマシンは速すぎるほどなので、人間の問題。

レース当日の降水確率は0%
だがしかし!
車検も無事に済ませてウォーマーをかけていると、、雨、、、

降水確率0%なのに雨って!?みるみる路面は濡れていき、、、結局雨のまま予選スタート。

新品ディアブロV3で路面ウェットの予選。
どんな罰ゲームだよ・・・
MAPをウェットモードにしてコースイン。路面は完全ウェット。ダークスモークシールドのせいか余計に路面が黒々しているように見える。スクリーン、シールドは雨粒が大量に流れていく。
転ぶのは絶対嫌なので普通に走って帰ってきました・・・20台中、予選16番手・・・


11時頃から天候は回復して曇りに。

決勝は曇りのままドライでスタートできそうです。


DSC_0188.jpg後ろは4台しかいないのかよ^^;

いよいよスタート

ローンチコントロールをONにして・・・

スタート!

相変わらずメリットを100%出せないまま普通のスタートw

1コーナーはカオス状態で、イン側にねじ込もうと思ったけど無理すぎるのでアウトからブレーキングを遅らせて数台パス。

色々抜いて・・・今、何位なんだ??

それにしてもフロントが決まっていないので思い切って進入できない感覚はつきまとう。伸び側のみをもっと締めたいんだよね。

前後に車両がいると思ったようにペースがあがらずASアオヤマのCB1300SBにインに入られて、、、抜け出さねばと焦る。

それにしてもS1000RRはストレート速いな・・・周りの1000ccクラスよりアドバンテージがあると思う。R1とZX10Rを裏ストでパスできるとか・・・CBR600RR時代では考えられない。だが、インフィールド区間がまだまだ・・・

後半一人旅になり前が空いて少しペースは上がったが、体力終わってきて、、、ゴール。


2台前までが表彰台に呼ばれていたので、8位だったのか。
んー、朝からドライでスタートで一桁グリッドだったら表彰台狙えたかも。

来季は表彰台争いに進出しよう♪


動画は大して参考にならないと思うが、こんな感じでした。

https://youtu.be/8H8QcTnzsbo


フロント周りをチョイチョイ調整したら乗りやすくなってきた気がする?!といっても4秒前半で周回した程度。3秒入ったかな?と思っていただけに課題は山積みです。来年こそまた3秒台で周回して表彰台に戻りたい。
やはりフロントが決まらないと攻めきれない感じ。



黒六師匠、オグリン氏、バウアー氏サポートありがとうございました^-^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント